Date

Microsoft DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2929961) が公開された。

「特別な細工がされた画像ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性がある」脆弱性が修正されるとのこと。対象は Windows XP から Windows 8.1 (RT は除く)、サーバ系の Windows Server 2003 から 2012 R2 までと広範囲に亘っている。

Windows Update を適用していれば問題ないが、そうでない場合は忘れずに適用しておきたい。


Comments

comments powered by Disqus