Date

以前 Windows Azure Media Services のセットアップ方法を紹介した。あれから管理ポータルが Media Services に対応し、 SDK もバージョンアップした。サンプルコードを使って Windows Azure Media Services でローカルのファイルをアップロードし、トランスコードしたものをダウンロードするまでの手順を改めて紹介する。

MEDIA SERVICE アカウントを作成

管理ポータルを開き 画面下部にある[NEW] - [APP SERVICES] - [MEDIA SERVICE] - [QUICK CREATE] を選択する。

NAME, REGION, STORAGE ACCOUNT をそれぞれ入力する。ストレージアカウントはここで新規作成もできるし、既存のアカウントを使うこともできる。

{%img /img/azuremediasvcsetup/create_media_svc.png MEDIA SERVICE アカウント作成画面 %}

Windows Azure SDK のインストール

.net 版のWindows Azure SDKをダウンロードし、インストールする。 Visual Studio 2010 と 2012 用がある。

Windows Azure Media Services SDK のインストール

Windows Azure Media Services Getting Started Sample からサンプルコードをダウンロードし Visual Studio で開く。サンプルコードではあるものの、そのままでは実行できない。

まず Windows Azure Media Services .NET SDK 2.0.1.0 をインストールする。メニュー [ツール]-[ライブラリ パッケージ マネージャー]-[パッケージ マネージャー コンソール]を選択する。(2012の場合)

{%img /img/azuremediasvcsetup/open-package-manager.png パッケージ マネージャー コンソール %}

{%img /img/azuremediasvcsetup/pm-shell.png パッケージ マネージャー コンソール画面 %}

そして以下のコマンドを実行する。

```ps1 コマンド PM>Install-Package windowsazure.mediaservices

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
自動的に SDK がダウンロードされ、参照がプロジェクトに追加される。
```ps1 出力
依存関係 'WindowsAzure.Storage (≥ 1.7.0.0)' の解決を試みています。
依存関係 'Microsoft.WindowsAzure.ConfigurationManager (≥ 1.7.0.0)' の解決を試みています。
依存関係 'Microsoft.Data.Edm (≥ 5.1.0)' の解決を試みています。
依存関係 'Microsoft.Data.OData (≥ 5.1.0)' の解決を試みています。
依存関係 'System.Spatial (= 5.1.0)' の解決を試みています。
依存関係 'Microsoft.Data.Services.Client (≥ 5.1.0)' の解決を試みています。
依存関係 'TransientFaultHandling.Core (≥ 5.1.1209.1)' の解決を試みています。
Microsoft.WindowsAzure.ConfigurationManager を Microsoft からダウンロードします。このライセンス条項は http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=235167 で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'Microsoft.WindowsAzure.ConfigurationManager 1.7.0.3' が正常にインストールされました。
WindowsAzure.Storage を Microsoft からダウンロードします。このライセンス条項は http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=235170 で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'WindowsAzure.Storage 1.7.0.0' が正常にインストールされました。
Microsoft.Data.Edm を Microsoft Corporation からダウンロードします。このライセンス条項は http://go.microsoft.com/?linkid=9809688 で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'Microsoft.Data.Edm 5.1.0' が正常にインストールされました。
System.Spatial を Microsoft Corporation からダウンロードします。このライセンス条項は http://go.microsoft.com/?linkid=9809688 で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'System.Spatial 5.1.0' が正常にインストールされました。
Microsoft.Data.OData を Microsoft Corporation からダウンロードします。このライセンス条項は http://go.microsoft.com/?linkid=9809688 で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'Microsoft.Data.OData 5.1.0' が正常にインストールされました。
Microsoft.Data.Services.Client を Microsoft Corporation からダウンロードします。このライセンス条項は http://go.microsoft.com/?linkid=9809688 で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'Microsoft.Data.Services.Client 5.1.0' が正常にインストールされました。
TransientFaultHandling.Core を Microsoft からダウンロードします。このライセンス条項は http://www.opensource.org/licenses/ms-pl で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'TransientFaultHandling.Core 5.1.1209.1' が正常にインストールされました。
windowsazure.mediaservices を Microsoft Corporation からダウンロードします。このライセンス条項は http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=272666&clcid=0x409 で参照できます。固有のライセンス条項がある追加の依存関係がパッケージに含まれていないかどうかを確認してください。パッケージおよび依存関係を使用することで、該当するライセンス条項に同意したものとみなされます。ライセンス条項に同意しない場合は、関係のあるコンポーネントをデバイスから削除してください。
'windowsazure.mediaservices 2.0.1.0' が正常にインストールされました。
'Microsoft.WindowsAzure.ConfigurationManager 1.7.0.3' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。
'WindowsAzure.Storage 1.7.0.0' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。
'Microsoft.Data.Edm 5.1.0' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。
'System.Spatial 5.1.0' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。
'Microsoft.Data.OData 5.1.0' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。
'Microsoft.Data.Services.Client 5.1.0' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。
'TransientFaultHandling.Core 5.1.1209.1' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。
'windowsazure.mediaservices 2.0.1.0' が MediaServicesGettingStarted に正常に追加されました。

次にソリューション エクスプローラから App.config を開き accountName に MEDIA SERVICE ACCOUNT NAME 、accountKey に PRIMARY MEDIA SERVICE ACCESS KEY を設定する。これらは管理ポータルの [MEDIA SERVICES] - [MANAGE KEYS] で確認できる。

{%img /img/azuremediasvcsetup/svc_key.png Media Service access keys %}

xml App.config <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <configuration> <startup> <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.5" /> </startup> <appSettings> <!-- 以下に設定 --> <add key="accountName" value="XXXXXXXmedsvc" /> <add key="accountKey" value="ulPqj/fUCnuR/SI3hME4dvMoGwghWAv3egKDDzRsYJc=" /> </appSettings> <runtime> <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1"> <dependentAssembly> <assemblyIdentity name="Microsoft.Data.Services.Client" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" culture="neutral" /> <bindingRedirect oldVersion="0.0.0.0-5.1.0.0" newVersion="5.1.0.0" /> </dependentAssembly> </assemblyBinding> </runtime> </configuration>

実行

準備が整ったらプログラムを実行してみる。サンプルコードに同梱されている wmv ファイルがストレージにアップロードされ、トランスコードが開始される。トランスコードされたファイルをローカルにダウンロードされる。

トランスコード中は管理ポータルから進捗状況を確認できる。 [MEDIA SERVICES] - (アカウントを選択) - [JOBS] のページを開く。

[CONTENT] タブを開くと、アップロードしたファイルとトランスコードしたファイルを確認できる。


Comments

comments powered by Disqus