Date

Visual Studio 2010 RTM 版がリリースされた。早速、MSDN Subscription からダウンロードしてインストールしてみる。

Windows SDK 7.0 にある BaseClasses をコンパイルしてみようと、Visual Studio 2010 から開きプロジェクト変換ウィザードでアップグレードした。ところが

必要なファイル "" が見つかりません。

というエラーが表示されてしまいコンパイルができない。

間もなくリリースされるであろう WinSDK 7.1 では VS2010 に対応しているとのことなので、それがリリースされるまで待つか、プロジェクトを自分で作り直したほうが良さそうだ。

...(以下、メモとして追記)

取り急ぎ、自分で BaseClasses のプロジェクトを作り直す場合。

  1. プロジェクトを新規作成する。
  2. C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Samples\multimedia\directshow\baseclasses にある .h;.cpp を全てプロジェクトへ追加する。
  3. 出力ファイル名を デバッグ版はstrmbasd.lib、リリース版はstrmbase.lib と設定する。
  4. 追加のインクルードディレクトリは C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Samples\multimedia\directshow\baseclasses とする。
  5. コンパイル

とりあえずこれでコンパイルは成功。

せっかくなので出力された strmbasd.lib を Ball サンプルから参照してみる。

  1. 依存ファイルのディレクトリを修正してコンパイルする。
  2. コマンドプロンプトを管理者で起動し、regsvr32.exe でDLLを登録する。
  3. 最後にGrphEdit を使用して動作確認する。


Comments

comments powered by Disqus