Date

Windows 7 が RTM となり MSDN や TechNet からダウンロードできるようになった。早速 x64 版をインストールしたか、今のところ快調に動作している。

Windows 7 SDK も RTM となりダウンロードできるようになっている。

x64 (64bit) 版の TopoEdit をビルドする

Windows 7 SDK の x64 版を既定の設定でインストールした場合、SDK Toolsは下記のように配置される。

x86 (32bit) C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Bin
x64 (64bit) C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Bin\x64

確認してみるとx86版のTopoEditは付属しているがx64版は付属しないようだ。

しかしTopoEditはソースコードがサンプルコードとして公開されているのでビルドしてみよう。

%programfiles%\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Samples\multimedia\mediafoundation\topoedit\topoedit.sln を Visual Studio で開く。

[ビルド]-[構成マネージャ]を開く。「アクティブ ソリューション プラットフォーム」の「新規作成」を選ぶ。

「新しいプラットフォーム...」はx64、「設定のコピー元」はWin32とする。これでx64の構成が新たに追加される。

次に、tedutilとtopoeditの追加のライブラリ ディレクトリをx64版のライブラリを参照するように修正する。それにはプロジェクトのプロパティを開き、「追加のライブラリ ディレクトリ」を %programfiles%\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Lib から %programfiles%\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Lib\x64 に修正する。


Comments

comments powered by Disqus