Date

MSDNでは Windows 7 Developer Guide が公開されている。(本記事執筆現在は Ver1.2 ) Windows 7 ではDirectShow / Media Foundation 周辺はどのように変わってるのかメモしておく。

DirectShow

Here is a consolidated list of changes that we can expect for DirectShow Windows 7 より。

Microsoft MPEG-1/DD/AAC Audio Decoderフィルタ

MPEG-1/MPEG-2 Layer 1,2, AAC, DTC, Dolby Digitalのオーディオデコーダ。ただしライセンスの関係上、Dolby DigitalはMS純正のアプリからしか使えない。IA-64プラットフォームはサポートしない。

Microsoft MPEG-2 Video Decoder (Microsoft DTV-DVD Video Decoder)フィルタ

MPEG-1,2に加えて、新たにMPEG-4の再生にも対応した。DVD暗号化解除はできないけど、DVD Copy Protection Property Set を使ってプラグインとして組み込めるそう。

IAMAsyncReaderTimestampScalingインターフェイス

ラージファイル (860GB超え) をサポートするプルソースフィルタのインターフェイス。

IAMPluginControlインターフェイス

インテリジェント接続で、推奨したりブロックしたりするフィルタのリストを制御するインターフェイス。ただし自プロセス内だけでシステム全体に影響はしない。

(インテリジェント接続を使っていて、できるだけこのフィルタを使って欲しいな、というときに使えそうだ。)

Media Foundation

サポートフォーマットが増加

  • H.264, MJPEG, MP3 フォーマットをサポート。
  • 入力ファイルとして MP4, 3GP, MPEG-2TS, AVI をサポート。
  • 出力ファイルとして MP4, 3GP, MP3 をサポート。

H.264は現在ホットなコーデックであり、Video Podcast や AVCHD などで使われている。Vista では WMV, WMA, MP3 がサポートされていた。

ハードウェアのサポート

UVC 1.1 ビデオキャプチャデバイス、 オーディオキャプチャデバイス、ハードウェアエンコーダ、デコーダ、ビデオプロセッサをサポート。Media Foundation ではソフトウェアコンポーネントのように使える。

これらは一応DirectShowでもキャプチャハードウェアデバイスをDirectShowフィルタとして使えたので、それと同じことと思われる。

高レベルAPIの追加

MFPlay, Source Reader, Sink Writer, Transcod という高レベルAPIが追加される。トポロジをこねくりまわさなくて良くなりそうだ。


Comments

comments powered by Disqus