Date

使うことは無いんだろうな…と思いつつ、紹介だけ。これからはExpression EncoderでエンコードしたものをSilverlight2で配信するのがメジャーになっていくと思っている。PlayReadyベースのDRM技術に対応してるということと、クロスブラウザ、クロスプラットフォーム(MacOSXでも再生可能)なので。

Windows Media and DirectShow tips, gotchas and code bits : Using the WM Encoder to Protect Existing Content with WM DRM

ダウンロードページ(MSDN Code Gallery)

既存コンテンツに後からWM DRMで保護を追加するサンプルコード。ポイントとしては、再エンコードをしないということ。WMEncBasicEditインターフェイスで入力ファイルからのプロファイルを取得し、エンコーダに伝える。入力・出力プロファイルが一致するときはWMエンコーダは再エンコードを行わないという仕様を利用しているようだ。


Comments

comments powered by Disqus