Date

x64 版の Windows SDK をダウンロードすると x64 版の GraphEdit が付属する。パスは以下。

x86C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Bin\graphedt.exe
x64C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Bin\x64\graphedt.exe

GraphEdit で(GraphEdit自体が用意している)フィルタのプロパティページを表示させるには proppage.dll の登録が必要である。x86とx64が用意されている。

1
2
%programfiles%\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Bin>regsvr32 proppage.dll
%programfiles%\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Bin\x64>regsvr32 proppage.dll

上記コマンド実行で x64 版GraphEdit においてもプロパティページが表示できるようになる。

  • Enhanced Video Renderer のプロパティページの dll である evrprop.dll も同様にx86とx64が用意されている。

Comments

comments powered by Disqus