Date

Windows Vista Home Premium, Ultimate Edition には MPEG-2 エンコーダ/デコーダフィルタが含まれる。これらは、おそらく Media Center や Windows DVD メーカーで使われているのだろう。

従来の Windows XP には標準で MPEG-2 デコーダ/エンコーダが含まれていなかった。MPEG-2 ファイルを DirectShow で扱うには、サードパーティ製のDirectShowフィルタを別途インストールしなければならなかった。

実際のところ、多くの市販PCではDVD再生・オーサリングアプリケーションがプリインストールされているため、何らかのフィルタが入ってることが多い。ビデオキャプチャ系ハードウェア付属のソフトウェアにも、キャプチャした動画をMPEG2を扱ってる場合にはフィルタが入っていることもある。

しかし、こうしてMicrosoftより標準のDirectShowフィルタが提供されるのは、アプリケーション開発者にとっては嬉しい。ユーザに対して別途○○インストールすること、なんて言わなくて済む。

名前 役割 CLSID
Microsoft MPEG-1/DD Audio Decoder MPEG-1, MPEG-2, Dolby Digital audio デコーダ CLSID_CMPEG2AudDecoderDS
Microsoft MPEG-2 Audio Encoder MPEG-2 audio デコーダ CLSID_CMPEG2EncoderAudioDS
Microsoft MPEG-2 Encoder MPEG-2 audio / video デコーダ CLSID_CMPEG2EncoderDS
Microsoft MPEG-2 Video Decoder MPEG-2 video デコーダ CLSID_CMPEG2VidDecoderDS
Microsoft MPEG-2 Video Encoder MPEG-2 audio エンコーダ CLSID_CMPEG2EncoderVideoDS

このようにオーディオ・ビデオ両方のエンコーダ・デコーダが用意されている。さまざまな設定はICodecAPIで行うことができる。

デコードする際にはMPEG-2ストリームからビデオ・オーディオに分離する必要があるが、そのためのフィルタとして MPEG-2 Demultiplexer と MPEG-2 Splitter がある。可変速再生を行うためのテクノロジ「ストリームバッファエンジン」に使われる MPEG-2 Video Analyzer Filter がある。これらはVistaの Home Premium, Ultimate のほかにXPにも含まれる。


Comments

comments powered by Disqus