Date

Windows Vista 上で Visual Studio 2008 を動作させている場合の DirectShow のセットアップ方法。

Windows SDK を使うように設定する

Visual Studio 2008 付属の Windows SDK である v6.0A を使う場合は、何もする必要ない。

新しいバージョンである v6.1 を使う場合も、何もする必要ない。Visual Studio 2008からは環境変数WindowsSdkDirでSDKのインストールフォルダが参照される。

DirectShow クラスライブラリのコンパイル

フィルタを作成する場合は、DirectShow クラスライブラリ (BaseClasses) のコンパイルが必要となる。フォルダ名は次のようになる。

%programfiles%\Microsoft SDKs\Windows\v6.1\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses

しかし Windows Vista では Program Files 配下の内容を書き換えるには管理者で実行しなければならないので、普通にソリューションファイルを開いてコンパイルしても失敗する。対策としては…

  1. Visual Studio 2008 を「管理者で実行」し、コンパイルする。
  2. BaseClasses フォルダを書き換え可能なフォルダへコピーする。

2の方法の場合、たとえば Public フォルダであれば、たとえユーザを切り替えても参照・書き換えできるので良いかもしれない。

BaseClassesフォルダにあるソリューションファイルbaseclasses.slnを開いてコンパイルする。ただしVisual Studio 2005用なので変換すること。


Comments

comments powered by Disqus