Date

DirectShow の基底クラスライブラリに wxdebug.h というのがある。

その名の通り、デバッグ用の便利な定義が用意されている。フィルタや DirectShow アプリケーション作成時のデバッグに役立つ。

GUID型で表されるメディアタイプからフレンドリ名を取得するにはGuidNamesを参照する。GuidNames を参照するには wxdebug.h をインクルードし、Directshow 基底クラスライブラリもリンクする必要がある。

1
2
3
4
5
6
7
#include <wxdebug.h>
#ifdef _DEBUG
#pragma comment(lib, "strmbasd.lib")
#else
#pragma comment(lib, "strmbase.lib")
#endif
char *name=GuidNames[MEDIATYPE_Video];

他に役立つものとして DisplayType 関数がある。これはAM_MEDIA_TYPEを入力として、デバッグ出力にダンプしてくれる。


Comments

comments powered by Disqus